IDRUGSTOREでED治療薬購入と薬物併用禁忌

現在日本ではED治療薬として3種類が使われています。このうちの一つは厚生労働省から認可されているものの、自由診療扱いとなっている為、保険適用約ではありません。そこでEDに悩む方が利用しているのが、輸入通販代理業者です。IDRUGSTOREは日本に現地法人を持つ通販業者として知られ、既に15年の歴史をもつ老舗と言えます。利用者も大変多く取り扱い品目も多岐に亘っています。2008年と2011年に不祥事を起こして以降、厚生労働省の厳格な指導の下再起を果たす事に成功し、自らも第三者期間による商品の成分鑑定を依頼し、その結果をサイト上に掲載する等再び脚光を浴びてきている企業です。又、IDRUGSTOREでは、コンビニ決済・定期購入・クレジットでの決済に対応しており、更には様々な購入特典を用意するなど、輸入代理業者としては珍しいサービスを実施しており、この点でも注目されています。さて、ED治療薬に限らず、薬物全般に関しては、禁忌薬物が存在します。専門用語で言うところの薬物相互作用・薬物相乗作用ですが、一般的には飲み併せと言われている薬物の化学反応です。飲み併せが悪いとされている薬物を服用すると、身体の中で薬物同士が相互作用を起こし、最悪の場合にはしに至るケースもあります。特にED治療薬のように個人で購入するケースの多い薬物は、薬物併用禁忌に注意する必要があります。そうした点を考慮して、IDRUGSTOREでは公式ホームページ上で、各薬剤の併用禁忌情報をアップして、利用者に対する注意喚起と便宜を図っており、この点でも親切な対応をしていると言えます。しかしホームページ上の情報だけでは紙面の都合上十分といえない面もありますので、ED治療薬を始めとした各種輸入薬剤を購入の際には、予め薬物併用禁忌に関する情報を十分に把握した上で購入する事が必要となります。